MT4

  1. MT4とTradingViewのバックテスト動作の違い

    概要MT4もTradingViewもファイルを用いてバックテストができますが、プログラムの特性により実際にトレードした場合と結果が一致しないことがよくあります。このページではそれぞれどのような特徴があるのかを掲載しています。

    続きを読む
  2. MT4のレート単位「Point」とは

    概要FX業界では損益をPipで表すことが多いです。しかしMT4の内部ではPipではなくPointという単位が使われています。このページでは紛らわしいPointとPipの違いについて説明しています。

    続きを読む
  3. コンパイルの方法

    概要お渡ししたソースコードを編集することでデフォルトのパラメータ値を変更することができます。このページではコンパイルの方法について解説しています。作業の流れ1.mq4ファイル(ソースコード)を開くまずはmq4ファイルを適当な場所に置きます。

    続きを読む
  4. logファイルで原因を探る

    概要作成したEA・インジケータの挙動がおかしいと思った時は、現象の説明に加えlogファイルを送っていただけると原因を突き止めやすくなります。

    続きを読む
  5. wavファイルをSoundsフォルダに設置する

    ポップアップなしの音サイン「アラートは欲しいがポップアップはいらない」というお客様向けに音だけを鳴らす機能をつけることがあります。パラメータで好きな音声ファイルを指定してやるとその音が鳴るというものです。

    続きを読む
  6. MT4クライアントターミナルのグローバル変数について

    クライアントターミナルのグローバル変数とはMT4は再起動されると今まで記憶していた変数をリセットしてしまいます。ステップ実行系の処理がEAに入っていた場合、これが不具合を引き起こす原因になります。

    続きを読む
  7. MetaTrader4のメール送信設定

    概要メール送信機能のあるEAを使用する際は、あらかじめMT4側で各種設定を行っておく必要があります。このページではその設定方法を記載しています。

    続きを読む
  8. インジケータのバックテスト方法

    概要EAと同じように、MT4では過去データを利用してインジケータの動作をチェックすることができます。またEAと同時に稼動させることで、インジケータの動きとポジション取りを比較することもできます。

    続きを読む
  9. バックテスト専用MT4を作る

    バックテスト専用MT4を作る理由各社のMT4サーバーには過去一定期間のヒストリカルデータしか残っていません(例えば1分足なら3か月分くらい)そこで通常はFXDDなどから数年分の足をダウンロードしMT4に入れなおすという作業を行います。

    続きを読む
  10. EAの設定ファイル(setファイル)の保存と読み込み方法

    概要新たにEAを稼動させた時や再稼動(EAが動いているチャートに同じEAをドラッグ)させた時、パラメータはデフォルトになります。複数のパラメータを設定するEAの場合、稼動の度に設定し直すのはかなり面倒です。MT4にはSetファイルというファイルにパラメータを記録できるようになっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る