インジケータのバックテスト方法

概要

EAと同じように、MT4では過去データを利用してインジケータの動作をチェックすることができます。
またEAと同時に稼動させることで、インジケータの動きとポジション取りを比較することもできます。

このページではストラテジーテスターに備わっているビジュアルモードを利用してインジケータをバックテストする方法を記載しています。

事前準備 ex4ファイルをIndicatorsフォルダに置く

まずはex4ファイルをMT4のIndicatorsフォルダに設置します。

画面の左上「ファイル」タブ→「データフォルダを開く」をダブルクリック

1 ファイル→データフォルダを開く

データフォルダの中にあるMQL4フォルダをダブルクリック

2 データフォルダー→MQL4フォルダ

MQL4フォルダの中にあるIndicatorsフォルダをダブルクリック

MQL4フォルダの中にあるIndicatorsフォルダをダブルクリック

Indicatorsフォルダにex4ファイルを置きます。
MT4にはたくさんのインジケータが標準搭載されていますのでフォルダ内にはたくさんのex4(mq4)ファイルがあります。

Indicatorsフォルダにex4ファイルを置きます。

MT4を起動させ、ナビゲータの「インディケータ」の中に目的の名前があれば成功です。

MT4を起動させ、ナビゲータの「インディケータ」の中に目的の名前があれば成功です。

事前準備 ストラテジーテスターの起動

画面の左上「表示」タブ→「ストラテジーテスター」をクリックして開きます。

表示→ストラテジーテスター

インジケータのバックテスト方法① ストラテジーテスターでインジケータを選択してバックテスト

左上の「エキスパートアドバイザ」を「インディケータ」に変更することでバックテストできるようになります。

indicator

インジケータのバックテスト方法② EAのバックテスト時にインジケータをドラック&ドロップしてバックテスト

1.まずは「エキスパートアドバイザ」のバックテストをビジュアルモードで行う

ビジュアルモードにチェックを入れ通常通りバックテストを始めます。
MT4でバックテストを行う方法

モデルは「コントロールポイント(ひとつ下の時間枠を使ったおおまかな方法。結果はあまり信頼性はない)」がいいと思います。
最適化のチェックは外してください。

動かすEAは何でも構いませんが、取引をしてしまうと見にくいので注意してください。

下記は当サイトが作成した「何の動作もしない」EAです。
よければダウンロードしてお使いください。

※こちらはEAなので「Experts」フォルダに入れます。詳しくはMT4でバックテストを行う方法

2.バックテストの途中でインジケータをドラック&ドロップする

インジケータを動かしながらバックテストが進みます。

indicator2

indicator3

関連記事

ページ上部へ戻る