仮想通貨MT4注文システム

概要

APIを利用して、MetaTrader4(MT4)から仮想通貨取引所へ売買注文を出せるシステムです。
取引所価格をMT4に表示したり、お持ちのMT4インジケータを利用して売買できます。

サービスの詳細

2017年頃から仮想通貨の自動売買について多数お問い合わせをいただいてきました。

しかしAPIを利用した取引では既存のプラットフォームを利用することはできずソースコードだけをお客様に納品する形になるため、
プログラムの環境構築や読み書きのできる方しか利用できないものになってしまいます。
またAPIの仕様が変われば都度プログラムを書き直す必要もあるため、納品後のメンテナンスまで考えるとサービスとして提供するのが難しい状況でした。

そこで今回プログラムの知識がなくても使い慣れたMT4を利用して仮想通貨の自動売買ができるシステムを商品として開発しました。

仮想通貨MT4注文システムの仕組み

上記のように、仮想通貨MT4注文システム(CryptoMT4System)がMT4から出された売買命令を各取引所に流す仕組みになっています。

この方法のメリットは
・MetaTrader4上で売買判断を行うためこれまで使ってきたロジックやインジケータがそのまま使える
・プログラミングが分からない人でも手軽に扱える
・当社が一括してメンテナンスを行うため動作不良が出にくい
などが挙げられます。

反対にデメリットは
・APIを直接操作するのに比べて速度が遅くなる
・システムでは買い/売りの命令しか通さないようにしているため、ポジションを細かく操作したり特殊な注文を使うことができない
などです。
速度に関しては内部処理の設定秒数を短くすることである程度改善できます。
ポジション管理や注文方法のバリエーションは今後のアップデートで対応していく予定です。

現時点の仕様

■対応している仮想通貨取引所
・bitbank(現物取引)
・liquid(現物取引)

■できること
・一定間隔で取引所の価格を取得し、MT4のオフラインチャートで見ることができます(1分足~月足)
・MT4内のインジケータのシグナル(配列またはチャート上のオブジェクト)を読み取って自動売買できます
・MQL4内に売買命令のコードを書けば良いだけなので、MQL4が書ける方はEAを作る感覚で自動売買できます

※コードの書き方について知りたい方には別途ご案内します
MQL4が書けない人でも当社の製作代行をご利用いただければオリジナルのロジックで売買させることができます
自分でチャレンジしてみたい人や他社に依頼される方にもコードの書き方はお伝えします。

※お持ちのインジケータのシグナルはデフォルトパラメータのみ読み取れます
パラメータを変更したい場合はデフォルト値の変更=ソースコード修正が必要です、やり方はご案内します。

■対応していないこと
・ポジション管理機能はないため、現在保有しているポジション情報を取得することはできません

■今後のアップデート予定
・レバレッジ取引への対応
・取引所の追加
・複数台同時稼働
・ポジション管理機能

また下記手法は後々追加パッケージとして別売する予定です
・トラリピ
・取引所間のアービトラージ

料金と申込方法

料金

1ライセンス購入 : 60,000円+消費税

同じ場所から接続する場合はPC台数に制限はありません。
同日に別々の場所からアクセスがあると後のアクセスを遮断します、そのため自宅のPC2台で同時利用はできますが自宅PC+VPSでは利用できません。
同日でなければ「しばらく自宅PCで使っていたが、VPSを借りるようになった」という場合でも利用可能です。

購入方法

クレジットカードでお支払いの場合は下記の「今すぐ購入」ボタンをクリックしてお手続きください。
入金確認ができましたら商品をメールでお送りします。
   ↓↓↓





※銀行振込の場合はお支払い方法のページ掲載の口座までお支払いいただき下記のシステム利用申請フォームにてご連絡ください。
コメントに「支払い完了したので商品を送ってほしい」と書いていただければ結構です。

システム利用申請フォーム

※は必須項目になります

※お名前(ニックネームで結構です)

※メールアドレス

システム

お支払いの状況

コメント

FAQ

■利用制限について教えてください

お客様ごとにIDを発行し、それをシステムに入力いただく形になります。
1IDからのアクセスは同日では1箇所からしかできないようにしています。
家や事務所で複数台PCがある場合でも利用可能ですが、異なる場所からのアクセスは遮断します。

■返金できますか

返金は承れません。
疑問点がある場合はシステム利用申請フォームにてお問い合わせください。

■商材に利用しても良いですか

特に制限はしていません、複数購入いただければ台数分のIDを発行します。
ただし多数に販売することを考えるとIDごとに料金が発生するのは不利なので、専属のエンジニアを探して作ってもらうのが一般的です。
あくまでも当社ツールとして販売しますので、ソースコードの開示やオリジナル版として提供することはできません。
販売が10台以上になる場合はやめておいた方が良いと思います。

■将来的に使えなくなることはありますか

取引所がAPIの提供を停止すると使えなくなりますが、その際は別の取引所を探す等できる限り対応するつもりです。
ただしメンテナンスができなくなる可能性も0ではないため、永久に使えることを確約できるわけではありません(普通のソフトウェアと同じように考えていただければと思います)

ページ上部へ戻る