CopyTradePRO SakiEAの口座制限方法

仕組み

アフィリエイト等にお使いいただけるように、CopyTradePROは使用口座制限機能を備えています。

コピー先EA(SakiEA)は稼働する際に使用者DB(データベース)を参照するようにしています。
そのデータベース登録をスクリプトを用いて管理者が操作する形になります。

SakiEAの使用者制限

設定方法

1.ユーザー名

設定には申し込み時にお伝えしたユーザー名が必要になります(MotoEA/SakiEAのパラメータにユーザー名を表示しています)
使用者DBがユーザー名ごとに存在し、SakiEAはユーザー名を頼りに利用可否を判断します。
まずはユーザー名をテキストなどにメモします。

2.CopyTradePro_KozaLimitSCをScriptsフォルダに入れる

続いて「CopyTradePro_KozaLimitSC.ex4」をMT4のMQL4>>Scriptsフォルダに入れます

Scriptsフォルダ

Scriptsフォルダに入れたらMT4を再起動するか、ナビケーター上で右クリック→更新を押すとスクリプト欄にCopyTradePro_KozaLimitSCが追加されています。

3.使用可能口座一覧を書いたcsvをFilesフォルダに入れる

最後に使用可能な口座番号一覧を書いた「CopyTradeKozaLimit_【ユーザー名】.csv」をMQL4>>Filesフォルダに入れます。
csvにはSakiEAを使用してもよい口座を半角数字で1行ずつ書きます。
※全角や数字以外が混じっているとDBには登録できませんが、特にエラーで知らせてくれるわけではないのでご注意ください。

kozalimitの使い方1

これで準備完了です。

4.適当なチャートを開いてスクリプトを実行する

※口座番号一覧のcsvを閉じてから実行してください
MT4で適当なチャートを開き、CopyTradePro_KozaLimitSCをチャートにドラッグします。
パラメータの入力タブに移動し、メモしたユーザー名を入力(使用しているユーザー名になっているか確認)し、OKボタンを押します。

kozalimitの使い方2

登録に成功するとチャートの左上にUpload Successという文字が表示されます。
kozalimitの使い方3

これで使用制限が設定されました。
許可されていない口座でSakiEAを稼働させるとアラートが鳴りチャートから削除されます。
使用不可

※使用者DBはスクリプト実行の度に最新の状態へ更新されます
一度登録した口座でも、csvから削除してスクリプト実行し直すと使用者DBから削除されます。

関連記事

ページ上部へ戻る